うつ病 心の健康

あなたのそのイライラの原因はなんでしょう

Contents
  1. イライラするとは
  2. イライラしていると感じる時
  3. イライラにはエネルギーが必要
  4. まとめ

1.イライラするとは

 

「自分の思うとおりに進まないために、焦って心が落ち着かないさま」、「思うようにならず、心があせって神経がたかぶること。また、そのようなさま」「いらだたしいさま」と辞書などで調べると記載をされています。

現在、自分の置かれている状況や物事が自分の思い通りにいっていない時にこころの中に生じる不快感のことを指します。

イライラして怒りっぽい人は、何となく落ち着かず、周囲からのちょっとした言葉などに過敏に反応して、不機嫌そうに返事をしたり、相手を無視したり怒鳴りつけたりする傾向があります。

そういう人は何らかのストレスを抱えていて、しかもストレスがなかなか解消しない、自分がそのようなストレスを抱えなければならない理由について納得できていないことが多いです。

 

2.イライラしていると感じる時

 

あなたが普段の生活の中で、自分では特に問題があるとは思えなくても、周囲の人からイライラを指摘されることがあれば、自分の生活を振り返ってみることが必要です。

何かストレスを感じながら我慢し続けなければならないことを抱えてはいませんか?

自分でも「最近うまくいかない」、「なんだか体調がよくない」と感じているようなら、一人で悩まず、思い切って周囲の人へ相談をしてみませんか。

長い間、我慢し続けてきた大きなストレスが少しは軽くなるかもしれません。

しかし、イライラの原因と思われる明らかなストレスが見当たらない、周囲から指摘されるほどのイライラや怒りっぽさが数カ月から数年も繰り返し続いているような場合には、精神疾患を一度疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

3.イライラには種類がある

 

イライラすることが続く場合、精神疾患を疑ったほうがいいという話をしましたが「うつ」と言われる症状の人が持つイライラは不安や焦燥感が強く、落ち着かないイライラであることが多く、ただ単にやたらとむしゃくしゃする人や、人に対して腹が立つというイライラが多いという人は人に対して攻撃的なエネルギーを持ったイライラです。

「うつ」の症状の人は基本、エネルギーがなくなったことで、からだとこころが疲れて何事にも興味がわかない、やる気が出ない、気分が落ち込む状態なので、エネルギーのあるイライラを感じる人は一概に「うつ」症状であるとは判断しにくいのかもしれません。

ただ、そのエネルギーをため込んでしまうとからだに不調が現れる可能性もありますし、上手にそのエネルギーを発散できるようにしていく必要があります。

 

4.まとめ

 

最近、アルコールの量が増えている人、自分ではまったく問題ないと思っているのに、周囲の複数の人から受診をすすめられている人は、一度、医師の意見を聞くだけでも結構ですから、受診することをおすすめします。

あなたがこころの病気にかかっていないか確認してもらうだけでも、周囲の人々を安心させることができます。

健康診断のつもりで、お気軽に当クリニックへ相談してみてください。

 

-うつ病, 心の健康
-, , ,

© 2020 LifeTreatment