うつ病 心の健康

気が重いことと、うつ病の違いとはなにかわかりますか?

Contents
  1. はじめに
  2. 落ち込みを感じる時間
  3. うつ病はからだの病気
  4. まとめ

1.はじめに

 

人は誰しも嫌な事やショックなことがあると落ち込み、気が重くなるものです。落ち込むという感情は人間の自然な感情の一つです。

しかし「うつ病」というものも一般的には気分の落ち込み、気が重くなるなどの症状が現れると言われています。

では「うつ病」とただの落ち込むこと、気が重いことの違いはなんでしょうか?

 

2.落ち込みを感じる時間

 

「うつ病」と自然な気分の落ち込みについての違いは、その持続する時間です。

通常、どんなに落ち込んだりしても人間は自然とその状態から回復するようにできています。

たまに思い出したりすることもあるかもしれませんが、その気分の落ち込みが一日中続いたり、何週間もなくならないという事はありません。

しかし、「うつ病」の場合、自然とその状態から回復する機能がうまく働かなくなっているために、気分の落ち込んだ状態が長期間続く、物事を悪い方向に考えるのでこころとからだ気力がどんどん下がっていきます。

 

3.うつ病は病気

 

「うつ病」はからだとこころの病気です、眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。

脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。

そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。

 

4.まとめ

 

誰しも気が重い、落ち込みはあるものですが前項でも触れたように、その気持ちが長期間にわたってとれなくなるほど、「うつ病」などの精神疾患の可能性が高くなります。

もしも、こころの不安定な状態が数週間も消えない、何もする気になれない、すぐに疲れてしまう、眠れないという症状が続く時は一人で悩まず、当クリニックへ相談してみてください。

 

-うつ病, 心の健康
-, , ,

© 2020 LifeTreatment