ライフ 心の健康

自由になりたい人へ ~自由になれる方法~

更新日:

あなたは今「自由」ですか?「自由」に生きるためにはどうすればいいのだろうと考えたりすることはありませんか?「自由」に生きるということはどういうことなのか、「自由」とは何なのかを考えるとともに、「自由」に生きるために必要なことを積極的に取り入れて「自由」の表面的な部分だけではなく、自身で噛み砕いてしっかりと理解するように心がけましょう。

自由になるために

人が「自由」になるためには、多くの選択肢があることが大前提です。選択肢が多ければ多いほど「自由」を感じることができると言えます。また一方で、「自由」に感じる部分があることによって同じ量の「不自由」があるとも言えます。例えば会社が嫌になって辞めた人は一見「自由」を手に入れたような気持ちになりますが、その後の状況によってはお金がなくなっていき「不自由」と感じることもあります。このように、「自由」と「不自由」はある意味ワンセットでもあるということを頭に入れておきましょう。

それでは本当の「自由」を手に入れるためにはどうすればいいのでしょう?それは、何でも自分で選択をするということです。先ほどの例で言いますと、会社を辞めるという選択を自分でして「自由」を手に入れると同時に、その結果お金に関して「不自由」になるかもしれないという現実に対して、自身で責任を持つということです。自身でしっかりと責任を持って選択した「自由」と「不自由」なのですから、周りの意見に左右されたり他人から批判されたとしても気にしてはいけません。自分の決断に対して強い意志を持って自身の言動に対して責任を持つことが大切です。

自由になる方法

生きていく上で起こり得るさまざまな場面において選択肢を増やすためには、人間関係の整理やポジティブな思考、常識にとらわれ過ぎないことやお金を貯えることなども大切です。日頃からこれらを心がけるようにすることで「自由」になるための選択肢が増えますので意識しておきましょう。

<人間関係の整理>

嫌いな人や面倒な人というのは誰の周りにも必ず一人や二人いるものです。本当は付き合いたくないけど、仕方がなく付き合っている人がいる場合、一度関係を見直してみましょう。人間関係を整理することによってあなたの「自由」な時間は確実に増えますし、精神的にも「自由」になることが可能です。

<ポジティブな思考>

ポジティブな思考を心がけることによって、失敗を恐れることなく積極的に行動することができますし、それによって人間的にも成長が促されることから、「自由」に一歩近づくことができます。ネガティブな思考に支配されてしまうと「自由」に生きることはできません。どうにかなるというポジティブな思考を心がけてみてください。

<常識にとらわれ過ぎないこと>

常識は社会において大切なものではありますが、常識にとらわれ過ぎないように心がけることによって、他人の目を気にすることなく行動することができます。常識にとらわれているから周囲の評価が気になって行動も制限されてしまいますので、あまりとらわれ過ぎないようにしましょう。

<お金を貯えること>

お金を持っていないと行動が制限されるため自由とは言えません。もちろんお金で買えないものはたくさんありますし、お金が全てというわけではありませんが、選択肢を増やすためにはある程度の資金が必要な場合があるということを頭に入れておきましょう。

まとめ

「自由」とは「不自由」が前提にあり、「不自由」を感じることによって「自由」を求めるように世の中の仕組みが成り立っているということを意識しておきましょう。それはつまり、「不自由」と同じ量だけ「自由」もあるということです。日頃からどのような選択も自分で責任を持って行うためにも、まずはこの「自由」と「不自由」の関係を理解しましょう。

強い意志を持って決断することができるように、日頃から選択肢を増やすように意識することが大切です。もちろん、より多くの選択肢を得られるように努力することも怠ってはいけません。本当の「自由」を手に入れることは容易ではありませんが、手に入れる努力をすることによって「自由」に近づくことが可能です。そういった努力は人間の成長を促しますし、その成長こそが「自由」への第一歩だと言えます。

また、強い意志を持って決断をするためには、周囲の人に振り回されないように心がけることも大切です。他人の意見に流されることなく、しっかりとした自分の意見を持つことで「自由」に近づくことができるということを意識しながら日常生活を送ってみてください。

なるべく先を見ないように努めることも大切です。もちろん計画的に生活をすることは大切なことではありますが、あまりにも先のことを見過ぎてしまうことによって結果として「自由」になることが困難になってしまう場合もあります。選択肢の幅を広げる意味でも、あえて先を見過ぎないように心がけましょう。

人それぞれ何を「自由」と感じるかは異なります。自分自身にとっての「自由」を手に入れるためにできることは何なのか、一度じっくり考えてみましょう。

-ライフ, 心の健康

Copyright© LifeTreatment , 2019 All Rights Reserved.