ライフ

お金はどれだけあれば幸せですか?

更新日:

お金はどれだけあれば幸せ?

あなたが「幸せ」と感じる判断基準は何ですか?「それは金だよ。金さえあれば幸せは買えるんだよ」と考える人が多いのではないでしょうか。資本経済の世の中ではお金は間違いなく重要ですし、お金がないと生きていくことは難しく、できないことがあるのも確かです。では、収入が多ければ多いほど幸福度は増すのでしょうか。一方で、お金のある無しに関わらず幸せを感じている人もいるようですが、一体どういう人なのでしょうか。

  • 年収800万円を超えると幸福度は上昇しなくなる?!

お金があれば楽することもできるし、解決できる問題もかなりあります。人生において「お金さえあれば・・・」とつぶやいてしまう瞬間、少なからずありますよね。でも、どうやらお金はあればあるほど幸せになるとは限らないようです。作家であり、経済評論家、社会評論家でもある橘令氏は著書「幸福の資本論」の中で『年収800万円(世帯年収であれば1500万円)までは年収が増えるほど幸福度は増しますが、それ以上はあまり幸福度は増えない』と指摘しています。

そして、それは経済学の基本である「限界効用逓減の法則」がお金と幸福の関係にも当てはめられるからだと述べています。「限界効用逓減の法則」とは、簡単に言うと、人間が追加的に感じる満足度は少しづつ減っていく傾向があるということ。基本的な衣食住が満たされるまでは、年収が多くなれば多くなるほどより良い生活ができるので幸福度も上がりますが、ある程度生活レベルが上がり不自由がなくなってくると、それに慣れてしまって幸せを感じにくくなるというわけです。

このような専門家の説を目にすると、「年収800万円か・・・、なかなかハードルが高いな」と思う人もいるでしょう。ただ、誤解しないでいただきたいのは、800万円まで「収入に比例して幸福度が増す」ということであって、年収800万円以下は幸せではないという意味ではありません。収入を増やしたり資産を維持することが目的となってしまって、常にお金に振り回され、縛られてしまっては幸せを感じにくくなってしまいます。

お金そのものには幸せを生む効果は無く、「選択肢を広げる道具」だということを忘れてはいけませんね。「お金をたくさん持っている」というのは幸せと直接つながらないのですが、多くの人が「お金があればあるだけ幸せになれる」と考えて、現代社会はそれを基盤として経済活動が行われ、メディアもそのような考えを煽ります。お金は存在そのものに価値があるのではなく、価値のあるものに交換できる「道具」に過ぎないのです。

「幸せ」の定義

「幸せ」に明確な定義はありません。「幸せ」とは境遇や現状のことではなく、心が満ち足りている状態、精神が安定していることなので、個々によって「定義」は違います。

年収が1000万円を超える人でも不幸と感じる人は不幸で、年収が250万円の人でも幸福と感じる人は幸福なのです。もしあなたが今、幸せではなく不幸だと感じている理由を「お金のせいだ」と考えるのであれば、それはお金を手に入れたことで解決するかはわかりません。

幸せや不幸というのは外的要因で決まるものではなく、その事象を受け止める人間の心のありかた次第で幸せか不幸かが決まるからです。

書家の相田みつを著書「しあわせはいつも」の中で『しあわせはいつもじぶんのこころがきめる』という名言を残しています。不幸だとは思わないけど、幸せだとも思わない」という人は、まずは幸せを感じられる心を手に入れましょう。「他人と自分を比べることをやめて、当たり前になっていることを見直し感謝する」これが簡単なようでなかなか難しいのです。

でも、そういう日常の心がけ次第で心は豊かになり、幸せを感じやすくなるのです。ですから、お金のある無しに関係なく幸福度が高い人は、心が安定していて幸せを感じやすい心を持っている人と言っていいでしょう。

  • お金以外で幸福度を上げる要素
  • やりがいのある充実した生活
  • 他人から必要とされているという実感
  • ライフワークバランス
  • 一緒に過ごせる信頼できる人がいる

などが挙げられます。自分の自由な時間や人間関係は、人が生きていく上で大きな意味を持っています。どんなにお金があっても、ここに挙げた要素が全て欠けている人生は、おそらく無味乾燥なものでしょう。

まとめ

「幸せ」とは人の心のありようであって個人の価値観の差があるので、「お金がこれだけあれば幸せだ」と一概には言えません。ですが、ある程度の額までは収入の増加と幸福度の増加が比例するという考えは確かかもしれません。

収入は自分の思うように簡単に増やすことはできませんから、「もっと幸せになりたい」と思っている人は、幸福度をお金のある無しや、高級品を所有している、豪邸に住んでいる、海外旅行に頻繁に行っているなどといった目に見える華やかさや豊かさだけに求めるのではなく、自分らしく生きているという心の充足感に求めることができるようになれば、幸せの基準は随分と低くなるのではないでしょうか。究極は、「今日生きていることが幸せ」と思えるようになることです。

まずは、物質的豊かさに幸せを追い求めるのではなく、今の現状に幸せを感じることから始めてみましょう。

-ライフ

Copyright© LifeTreatment , 2019 All Rights Reserved.