家庭医学・健康

自己価値を高めるには。自己肯定力アップの方法

あなたは自己価値を意識しながら生活していますか?

「自分は優れている」「自分は凄い」と思って生活している人もいる一方で、「自分は何をやってもダメだ」「どうせ私なんか」と自己否定感を持ちながら生活している人や自己価値を全く意識することなく日常生活を送っている人も多く存在していると言えます。

自己価値すなわち自分自身のイメージは日々変動するものですが、常に素晴らしい状態を保つためには毎日「心の習慣」を持つということが大切です。心の習慣と言われてもピンとこない方も多いですよね。それでは一体、心の習慣とは何なのかを考えるとともに日頃から自己価値を高めるために大切なことを意識する気持ちを身に付けていきましょう。

心の習慣を意識する

まずは自分自身に感謝の気持ちを持ちましょう。どんな些細なことでも構いません。「今日も頑張ってくれてありがとう」「今日も一生懸命生きてくれてありがとう」など、まずは日常の自分に感謝をすることが大切です。自身の行動一つひとつに対して感謝をすることによって自己価値はどんどん上がってきます。

反対に、「今日もダメだった」「今日も上手くいかなかった」と自分を責める毎日を送っている人は、そういった思考が習慣になっていますので気を付けましょう。実際にそういう状況だったとしても、感謝の気持ちを持つということを忘れないように心がけることが大切です。周りの人に対してもですが、まずは自分自身に感謝をするように意識してみてください。

何も出来なくて大丈夫を基本にする

日常生活を送っていると、やらなくてはならないことがたくさんありますよね。しかし、自分を追いつめてしまうと心が疲弊してしまいますので、日頃から完璧主義という考え方は捨てて自身の理想を一段階下げるように心がけましょう。そうすることによって、ちょっとしたことでも「こんなに出来た」という考え方に変わります。

もちろん理想を高く持つことは素晴らしことではありますが、それは無意識のうちに自己攻撃に繋がりかねません。人は攻撃されることによって身も心も脳も緊張状態が高まりますし、そういった状態では自分らしさを発揮することは難しいと言えます。

何も出来なくて大丈夫を基本にすることによって、自身のパフォーマンスが上がるだけではなくクオリティの高い人生を実現することも可能です。ぜひこの機会に物事を行う際の自身の基本について考え直してみてください。

どうにもならない時は諦める

真面目で誠実な人ほど何事に対しても全力で取り組みますので、何か一つの物事に対して追求してしまいがちです。また、完璧主義な傾向もありますので、物事を上手くコントロールできないと混乱したりイライラしてしまいます。

自分自身に関することはともかく、友人や知人を自分の思い通りにコントロールすることは難しいので、時には諦めることも必要だということを意識しておきましょう。そうすることによってメンタル面は落ち着きますのでおススメです。

自己否定しない

自己否定感が強い人は生きていくうえでかなり損をしていると言えます。これに思い当たる人は、日常的に自身に備わっている能力を発揮することが少ないことからチャンスを逃してしまいますので気を付けなくてはなりません。こういうタイプの人は人間関係においても自分が相手に相応しくないと考えがちなので、どこか挙動不審になってしまって接し方もぎこちなく疎遠になってしまいがちです。

また、自己否定することが習慣になってしまうと何に対しても諦めてしまいがちです。そしてそれはクセになり、チャレンジ精神や好奇心が芽生える機会も少なくなってしまいますので、結果として損をしてしまうといったことになりかねません。

自己否定をしている自覚がある人は、気付いた段階で早めに対処するように心がけましょう。まずは、自分を否定することを止めてください。そのためには自分で自分をどう評価しているのかを知ることが大切です。自己価値観が低いと感じている人は、「成功体験」を積み重ねていくことが大切です。どんな些細なことでも構いません。自身の日常に目を向けて、まずは小さなチャレンジから始めてみてください。

まとめ

自己価値は、他人からの評価というよりも自分自身の評価が大きく影響を及ぼします。日頃から心の習慣を大切にするように心がけるとともに、できることを少しずつ取り入れていきましょう。

自己価値観が高まることによって他人からの評価も少しずつ変わっていきますし、何より自身の人生を変えるキッカケにもなりますので、まずは意識して時間を作ってしっかりと自分自身と向き合う時間を作ることから始めてみてください。

これからの人生をもっと自分らしく生きるためにも、自己価値を高めることは大切です。そのためにできることは何なのかを考え、意識して日常生活を送ることが大切です。それほど難しいことではありませんので、少しずつ実践に移していきましょう。

 

 

-家庭医学・健康

© 2020 LifeTreatment