ライフ

大好きなことをやって生きるって素敵だとおもいませんか。

「大好きなことをやって生きていきたい」これは誰しも思っていることではないでしょうか。

しかし、実際には、自分の思い通りに自分らしく生き生きと過ごしている人は、まだ少ないかもしれません。普段何をやっているにしても、実は自分が本当にやりたいことではなく、社会的にやらなければならないことをやっている可能性もあります。

 

大好きなことを形にするには

大好きなことを形にする大事なポイントは、次の二つです。

自分とつながり自身のことを掘り下げて思い出すこと

自分のやりたいことの答えは、自分の中にしか存在しません。心の声に耳を傾けて、本当にやりたいことを自分の内側から見つけることです。

心の声を聴くには、じっくりと自分自身と向き合う必要があります。

心を閉ざさず開放して、人とつながること

オープンハートで人と関わりつながった結果、たくさんの仲間ができると同時に、お互いを応援し応援されるという関係性が生まれます。

大好きなことを見つけるには

「自分の好きなことをやりなよって言われても、それが分かれば苦労はしない!」

自分の大好きなことって何だろう?て考え込んでしまう人も多いと思います。大好きなことは自分の中に埋もれていて、見つけ出してくれることをずっと待っています。もしかしたら、もうすでに出会っているのかもしれません。あなたの得意なこと、あなたの好きなこと、あなたが才能があると思うこと、あなたが楽しいと思うこと、あなたの長所などの中に存在しています。

また、客観的な視点で、「あなたが何をしている時に楽しそうに見えるか」周囲の人達に聞いてみることも一案です。意外に自分では思ってもみないことが、実は自分の好きなこと、得意なことだったりするものです。自分の生活の一部になりすぎて、気づいていないだけかもしれません。

大好きなことを見つけるための最も重要な力は「好奇心」です。好奇心を持って生きることで、様々なことに挑戦します。その繰り返しが大好きなことを見つける近道になるのです。

自分の人生を選択する

もしあなたが大好きなことをやろうとする時に、重い気分になったり努力が必要だったりしたら、それは周囲に遠慮して生きているためです。私たちの多くは、周囲の人に遠慮したり、家族やパートナーからのプレッシャーを感じながら、自分らしくない生き方をしています。

自分が変わりたいなら、自分の人生を変えたければ、まずは自分自身の現状を知ることが大切です。そして、これからどのような人生を歩んで生きたいかを考えることが必要です。

大好きなことを中心に生きていきたいのであれば、シフトしなければならないことがあります。それは今までの自分の思考、人生観であったり、お金や仕事に対する捉え方、人間関係、家族のこと、感情の持ち方、スキルのことなどを一つずつ見直し検証しながら、今の人生を作り上げている自分自身と、向き合う必要があります。

「好きなことをやってはいけない」という既成概念を外す

仕事の概念や人生観が、「好きなことをやって生きている=無責任」「好きなことが仕事になるほど世の中甘くない」という意識がある限り、「大好きなことをやろう」と思ったり、「自分の好きなことを見つけよう」と思っても見つけられません。まずは「自分は好きなことをやってはいけない」という制限を外すことが第一歩です。そして「本当に自分らしく生きるとしたら、どんな人物になるんだろう」という自分に対する好奇心を無くさないことです。

 

幸せというのは、自分が好きなことをして感じられることです。好きという力は、辛さを楽しさに代えてしまう魔法の力があります。

「楽しさ」「集中力」「根気」が備わっているので、目の前に立ちはだかる壁も乗り越えやすくなり、長く続けられるのです。

あなたが将来歩むべき道は、「好きなことをする道」を選択してください。人生を歩んでいく中で、左右に道が分かれていたなら、迷わず「楽しそうな道」を選べばいいのです。

 

最後に

精神科医で随筆家でもある斎藤茂太さんの言葉をご紹介します

 

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのがいい人生

 

世間からいくら拍手喝采を浴びようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない

 

-ライフ

Copyright© LifeTreatment , 2020 All Rights Reserved.