家庭医学・健康 看護整体ヒーリング

看護整体ヒーリングについて詳しく説明します。

投稿日:

看護整体ヒーリングとは

ビーイングタッチに基づくタッチヒーリング

手当てを通して、施術者とクライアントの間で深いエネルギーのやり取りが展開する。循環するエネルギーの中で双方向の癒しや気づきをもたらし、心身を楽にする

 

<効果>

・エネルギーの滞りを解消する

・エネルギーの循環を促進する

・筋肉を緩めて気持ちをほぐす

・感情を表に出す

・自分の思いを言葉にして確認作業をする

<方法>

施術前に足首(エネルギーの出し入れを担う)を動かす

踵を下から支えて、つま先をつかんで動きたい方向に動かす

クライアントの状態によって、施術箇所の増減ある

臥床し、うつ伏せ→仰向けの体制で実施する

基本施術

うつ伏せ

  1. 踵を指先でタッチし全身状態を観察する
  2. 仙骨・背中中央部・肩甲骨周囲・肩・頸部のタッチング

仰向け

  1. 足首軽く内外旋したあと、内踝外踝周囲を指圧する
  2. 丹田・みぞおち・肩のタッチング
  3. 頭側に移動して、鎖骨を指で挟んで流す
  4. 頭部を下から両手で抱えるようにして、後頭部、側頭部を指圧
  5. 肩峰を覆うようにしてタッチング
  6. 百会から足先に向かってエネルギーを通す
  7. 足側に移動し、足首を下から支えて下肢を軽く上下左右に揺らす

施術後に、排尿排便回数の増加、腸蠕動の亢進、全身のぽかぽか感等の出現の可能性あり

<料金>

30分(お試し) 5000円  60分(全身) 8000円

看護整体とは

ビーイングタッチに基づくタッチヒーリングです。施術回数を重ねるごとに、感じ方や受け取り方も変化していきます。

施術後にお互いが感じたことをお話し共有することで、自身の思いや気づきの確認作業のお手伝いをさせていただきます。

ビーイングタッチ(Being Touch)とは、クライアントの「潜在意識(生命場)」と対話(リーディング)しながら、そのガイドに沿って手を当て、身体の自発的な動きに同調・共鳴することで心身の痛みや不快感を取り除いていく、古くて新しい手法です。
ビーイングタッチ創始者の魂の整体師、河野修一さんのメルマガを抜粋してご紹介したいと思います。

<ビーイングタッチの世界>

ビーイングタッチは、効く効かないの症状にフォーカスする「治療行為」ではありません。

ヒーラーとクライアントの双方の、自分への愛と信頼から共同創造される「愛と癒しの空間」です。結果に対する「執着」や「恐怖心」、また人、モノ、やり方に対する「依存心」を極力手放すときに、「いまここ」に存在している宇宙の叡智が最大限に響く余地が生まれます。

 

<ビーイングタッチの想い>

ビーイングタッチは瞑想的で静かで美しい女神のタッチ。シンプルにただ手を当てられる、

その体験から、生命への「慈しみ」「愛おしさ」また「優しさ」を思い出して欲しいと願っています。

ビーイングタッチのアプローチは、人を素早く「一体感」と、深い「瞑想」の状態に、そして「悦び」の中に誘う。「生命が一つの全体である」ことを、みんなが繋がっていることを、体験を通して感じてほしいと思っています。

 

<魂の傾聴としてのタッチ>

「手を当てる、当てられる」双方に、実際どんな現象が起きているのか説明していきましょう。ヒーラーは、心の中でクライアントの生命(魂)に話しかけ、返ってくる印象に耳を傾けます。相手のハートに繋がって不調のシグナルを受取り、そこで初めてそっと手を当てます。

目を閉じて「量子的な領域」に下りていきます。すると、自分の手が溶けてクライアントの体と

ひとつになるような、第六感的な感覚がやってきます。この時、ヒーラーの手は磁気を帯びているように、そしてとても熱くなっています。

その後、クライアントの生命場(潜在意識)とエネルギー的に「一体」となり、「人生の癒し」「気づき」という同じ方向を向きます。この状態の時、クライアントの体の中では、ポジティブな変化が起きています。施術の後は、ほとんどの方の視野が明るくなります。

さらに、身体にしっかりとした軸が通り、グランディングしている自分に気づきます。

<あなたの天岩戸を開く>

ビーイングタッチは形や形式に囚われない、宇宙的な「祈り」であり「瞑想」でもあります。癒しはただそのプロセスの「結果」として起きること。

相手と「ハート」で繋がり、直感の促すままに手を当てる。すると、自然に相手とのスパイラルな共振が始まり、身体がアンテナになり「光」が入り始める。

互いのエネルギーが上がると、肉体的、感情的、霊的な澱やゴミが自然にはがれて離れていく。プロセスが進むにつれて、「センタリング」と「グランディング」が自然になされていく。ヒーラーとクライアント双方が「愛」と「優しさ」に包まれる。ハートという二人の光の宿る場所の「天岩戸開き」ですね。

<気づきの価値>

「癒し」は「気づき」から始まります。「気づき」とは、自分の意識の視点が上昇すること。つまり、より高い意識の光の下で、自分の状況を把握できるようになることです。別の表現をすると、自分の観念を形作っている世界観や生命観の枠組みが広がることです。「気づき」を重ねて視座が高くなると、あなたの「生命の可能性」も、そしてあなたの「愛」も広がります。「生命力は気づきの合計」とも言えますね。その拡がった範囲で、現実と健康と癒しを創造できるようになります。

気づきを得るには、体と心が自然にオープンになり、「瞑想的」になっていることが必要です。

思考(頭)優先になっているときは、気づきもインスピレーションも得にくくなっています。

ビーイイングタッチは瞑想的なタッチ、「気づきのチャンスを提供するタッチ」でもあります。

「自己対話を促すツール」「自己成長と変容の触媒」とも言えます。

 

<自分の中の愛の癒し手と出会う>

私たちは誰もが、自分で自分を癒す「天与の能力」を持っています。自分の中に、「いま体の中で起きていること」「人生で起きていること」をよく知っている存在がいるのです。その存在は、

自分自身をより安定の方向に、より愛ある状態に導く方法を知っています。「内なるドクター」

「内なるヒーラー」と呼ぶ方もいますが、ここでは「愛の癒し手」と表現します。

ビーイングタッチは、誰の中にも存在するこの「愛の癒し手」を呼び覚ますタッチです。丸ごとのありのままの自分がいて、深くリラックスすることで、自分の中の愛の癒し手に出会うことができます。

あなたも、ご自身の愛の癒し手の存在を感じてみませんか?

-家庭医学・健康, 看護整体ヒーリング
-,

Copyright© LifeTreatment , 2019 All Rights Reserved.