ライフ 心の健康

人間関係に疲れたときはどうしたらよいですか?

更新日:

人間関係に疲れたら・・・

1.人間関係に疲れやすい人の特徴

良好な人間関係は人生をとても豊かにしてくれますが、一方で心をすり減らす原因になるのも人間関係です。人づきあいが得意な人もいれば、苦手な人もいます。人間関係に疲れやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか?

まず、仕事などのあらゆる場面で「自分がやらなければ」「何とか頑張ろう」と思ってしまう頑張り屋の人があげられます。この頑張り屋の中には、人に任せることが苦手な人がいます。

そのため自分の負担が大きくなり、相手に気を遣い、ポジティブなコミュニケーションを取る余裕がなくなってしまい、冷たい印象を与えてしまうことがあります。また、他人に任せることができない人は、相手に「信用されていない」「頼りにされていない」などの感情を抱かせてしまい、相手との信頼関係を築けずに人間関係が崩れてしまう可能性もあります。

続いて、周囲の顔色を必要以上に伺ったり、他人の評価を気にしすぎる人があげられます。時には人の顔色や空気を読んだり、他人からの評価を意識して行動することは大切です。しかし、「自己主張をすることで人に悪い印象を与えたくない」「こんなこと言ったら怒られるかもしれない」「これは周りから評判が悪そうだから言うのは控えよう」という考えばかり持っていては、自分の気持ちを閉じ込め、本来の自分らしさや個性を出すことにためらいを感じることにつながります。そうしたことで、主体性がない、おもしろみのない人になってしまい、「この人と話してもつまらない」といった印象を与えることにもなります。

さらに、断れない人があげられます。仕事の中で何かを依頼されたり、任されたときに、相手の依頼やお願いを快く受け入れると相手に喜ばれたり信頼されたりします。

しかし、自分の業務で追われていたり、別でやるべきことがあったりする場合は、しっかりと断ることが必要です。断ることが苦手な人は無理をしてでも期待に応えようとしてしまいます。そのことが人間関係に疲れを感じさせる原因となります。また、断るべきときはしっかり断らなければ、自分が追い込まれていつか爆発してしまい、取り返しのつかない事態に陥る可能性もあるので注意が必要です。

2.人間関係に疲れたときの対処法

人間関係に疲れたと感じたらその環境から離れてみることです。同じ職場の場合は、極力話しをすることを避け、当たり障りのない対応を心がけてみて下さい。一歩、離れた環境を作ることで接触を最小限にしましょう。

また、人に気を遣い過ぎている場合は、誰にどう評価されても良いと考えて本当の自分をそのままさらけ出してみて下さい。

しかし、自分の意見を言ったり、考えを通すことによって人間関係に疲れることもあります。この場合は、人との間に起こる摩擦が原因です。摩擦が生じるのは意見や考え方が違うからです。このような状況では、聞き役に徹して自分の発言を控えめにするのが良いでしょう。

友達、家族間の関係が上手く行っている場合は、職場の人間関係に縛られる必要はありません。そのため、会社の人間関係はその場だけのものだと割り切ることも大切です。

そして、体を動かすことはストレス発散に非常に有効です。汗と一緒に辛い気持ちを流してしまえば、すっきりとした気持ちでまた人と向き合うことができます。「疲れた」とのんびり過ごすことも良いですが、仕事が休みの日や早く帰れた日は積極的に運動をしてみることをおすすめします。

3.人間関係に疲れないコツとは?

自分に自信がなく、自信のあるポジションにいないとき、人は人間関係で悩みやすくなります。それは自分の取っている行動に責任が持てず、結果的に職場でミスをしたりと致命的な行為につながります。人間関係に悩んで、それを少しでも良くしたいと思うならまず自分が変わることです。

自分に自信をつけることが一番の改善策といえます。

また、苦手な人とは距離を置きがちですが、苦手だなと思う人に程、挨拶からで良いので自分から話しかける努力をしてみましょう。自分が相手を嫌っているオーラというのは、相手にも伝わってしまうものです。

だからこそ、自分から話しかけてみることで、相手もこちらに対する苦手オーラを解き放ってくれる可能性があります。

そして、「ありがとう」を多く使ってみてください。感謝というのは、人が心を開くタイミングとしてはぴったりです。何かしてもらったら、どんな小さなことでも良いので苦手な人にまず感謝の気持ちを伝えてみてください。続けていると、相手も自分に感謝の言葉を投げてくれ、不思議と笑いあえる関係になれるかもしれません。人に感謝されて嬉しく思わない人はいないので実践してみてください。

4.まとめ

人間関係に疲れた人はそのことしか考えられなくなり、ストレスをため心身に不調があらわれることがあります。そんなときは早めに心療内科や精神科を受診しましょう。うつなどの精神障害になってしまうと重症化してしまう恐れがあります。少しでも人間関係に疲れたら病院に行く、あるいは友人に相談するなど一人で抱え込んだままにしないことが大切になってきます。

また、人間関係に疲れた今、自分の人間関係を改めて見直してみることはとても大切です。誰に対して疲れを感じているのか、自分がどうしたいのかを明確にすれば、今後も付き合いたい人と切るべき人が見えてきます。そういった人間関係の清算が、心に休むきっかけを与えるための第一歩につながります。

 

-ライフ, 心の健康

Copyright© LifeTreatment , 2019 All Rights Reserved.