心の健康

不安神経症(全般性不安障害)とは

不安神経症とは

不安神経症とは不安を主症状とする神経症のことをいい、日常生活において心配や不安を慢性的に持ち続けてしまう病気です。誰にでも心配事や不安はありますが、この病気は絶えず不安を感じるあまり、日常生活に支障をきたしてしまう傾向にあります。

ひとつでも気になることがあれば不安でたまらなくなり、仕事や勉強に集中できなくなります。不安に感じることが非常に多く、日常生活のありとあらゆるものが不安の対象になり、根拠のない不安や心配が増していきます。これといってはっきりとした理由がないのに不安を感じてしまうというのがこの病気の特徴だと言えます。

不安神経症の症状

不安神経症の精神的な症状としては、以下のような特徴があります。

・いつも緊張していてリラックスすることができず、落ち着きがなくなる

・イライラして怒りっぽくなる

・些細なことが気になる

・人に会うのが煩わしくなる

・悲観的になる

・慢性的に不安を感じる

・何事にも過敏になる

・注意が散漫になってしまい物事に集中することが難しくなる

・記憶力が悪くなった感じがする

身体的な症状としては、筋肉の緊張、首や肩のこり、頭痛や頭が重く感じる頭重感、めまい、動悸、息苦しさ、震え、頻尿、便秘、下痢、疲れやすい、不眠(寝つきが悪い、途中で目が覚める、眠りが浅い)といった実にさまざまな症状(いわゆる不定愁訴)がみられます。

多くの人は身体的な症状を強く自覚することによって、どこか身体に異常がないかと考え、あちこちの病院で診察や検査を受けますが、身体疾患がみられないケースがほとんどです。

不安神経症になると日常生活においてもストレスの影響を受けやすくなり、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返して過ごすことになります。そうしたことから途中から気分が沈んでうつ状態となってしまいうつ病に移行したり、アルコールで不安をまぎらわそうとしてアルコール依存症に陥ることもありますので気をつけなくてはなりません。

不安神経症の原因

一般的に不安神経症は心理的なものが原因になりやすいといわれていますが、実際にはその限りではありません。過労、睡眠不足、風邪をひいたなど一般的な身体的悪条件がきっかけで発症することもあります。日常生活の上でさまざまなストレスを背景に、いつのまにか発症していることがほとんどです。

全般性不安障害はもともと神経質で不安をもちやすい性格の人に多くみられます。特に女性に多く、男性の倍以上といわれています。

また、最近では脳内のセロトニンのバランスが悪くなることが原因と考えられています。セロトニンは神経伝達物質で、精神を安定させる働きがあるため、セロトニンの働きが弱くなると不安を感じやすくなります。

不安神経症の治療

不安神経症の治療には薬物療法と精神療法があります。薬物療法としては、抗不安薬(ベンゾジアゼピン誘導体:セルシン、デパス、リーゼ、メイラックスなど、タンドスピロン:セディールなど)が処方されます。

ベンゾジアゼピンは連用すると依存症になりやすいため、最小限にとどめてください。また、アルコールと併用しないように注意することが必要です。

うつ症状を合併する場合は抗うつ薬(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬[デプロメール、ジェイゾロフト、パキシル]など)が処方されます。

精神療法としては、専門医を受診して症状と関連のある日常生活上の悩みやストレスについて相談しアドバイスを受けることはもちろん、専門家のカウンセリングを受けることも大切です。不安や心配事、ストレスを打ち明け、まずは普段の生活をリラックスして送れるように心がけましょう。

また、思考や行動の癖を把握し、自分の認知行動バターンを整えていくことで生活や仕事上のストレスを減らしていく認知行動療法も効果的です。

他にも、深呼吸や筋弛緩を用いたリラクゼーション法や有酸素運動は効果的で、自分でも行うことができるためおすすめです。

外出や乗り物へも少しずつ挑戦し、不安や心配、恐怖へのイメージを修正しながら、症状を徐々にコントロール出来るように促していきます。病状が長引けば治療も長引くため早く不安神経症であることを自覚し、早期に治療を始めることが大切です。

まとめ

さまざまな身体的自覚症状のためにも内科などを受診して検査を受け、どこにも異常がないとわかったら精神科や心療内科を受診しましょう。

不安神経症と診断された場合は気のせいではなく病気だということを受け止めて、信頼できる医師のもとで根気よく治療を続けてください。症状が少しでもよくなったと感じたら、より快適に生活していけるようになります。

過労によるストレスや睡眠不足があれば十分な休養をとることも大切です。自律神経の安定、免疫力の向上、生活習慣の見直し、体質の改善などを念頭に置き、毎日を過ごしてみましょう。

-心の健康

© 2020 LifeTreatment